Main Image

新築物件のご紹介

朝晩と随分と過ごしやすくなり、 秋の気配を少し感じるようになりました。 皆さま、気温の変化に体調など崩されておりませんでしょうか? 樂設計室です。 さて、今回の新築物件の御紹介は、 京田辺市のK様邸です。 自然豊かなこの土地でお庭の広い立派な家が完成しました。 庭全部芝生です!
Main Image

安藤忠雄先生の本

先日、自宅の書棚を整理していたら、建築家の安藤忠雄先生の本が出てきました。 先生の本は何冊か持っているのですが、この本は、「安藤忠雄 住宅」という、数ある先生の作品のうち、住宅のみを特集した本で、「住吉の長屋」をはじめ、1971年から2010年までの全作品リストが掲載され、先生の住宅設計の考え方、発想がまとめられた本です。
Main Image

新築物件のご紹介

今回の新築物件の御紹介は、 大阪市のK様邸です。 道路被り付きの家が多い中、道路からの視線は遮りたいが、 明るい庭と居間が欲しいとなかなか難しい御要望・・・。 ということで、こんな家になりました。
Main Image

新商品特別内覧会

本日は床材のメーカーさんの朝日ウッドテックのショールームを見学してきました。 今春から夏に向けて発売される床材の新商品です。 無垢材挽き板フロア「Design Premium」などの新商品です。 世界的なデザイナーである 佐藤オオキ氏によるデザインフロアが魅力的です。 写真をご覧に入れたいところなのですが、一般公開前なので掲載できないのが残念です。
Main Image

新築物件ご紹介

だんだん春が近づいているかと思いきや、 また寒くなってしまい、正に三寒四温な今日この頃、 皆さまいかがお過ごしでしょうか? 樂設計室です。 さて、またまた新築物件のご紹介です。 高槻市に建ちますH様邸で、 今回の御要望は、吹付の梁を普通の天井まで連続して欲しいとのこと。 ということで、こんな感じになりました。
Main Image

大阪のシンボル 中央公会堂

少し前になりますが、 日本ツーバイフォー建築協会関西支部の40周年記念総会が、大阪市の中央公会堂でありました。 国の重要文化財に指定された中央公会堂は、大正7年に竣工したネオルネッサンス様式の外観をもつ建物です。 度重なる改修などにより創建時の意匠が損なわれ、老朽化が進んだことから保存・再生工事に着手し、約4年の歳月を経て、平成14年9月に完成。 工事は歴史的建築物としての保存と、創建時への復元改修に加え、古い建築物に高い耐震性を与え甦らせる「免震レトロフィット」や、時代のニーズに応えて次世代まで活用できるよう、スロープやエレベーターが新設されました。 大阪光のルネサンスでは、中之島の中央部に位置し、ライトアップや建物東壁面をスクリーンにした3D映像など大阪のシンボルとなっています。 住宅にもどこかに取り入れたいものですね
Main Image

交番あれこれ

先月、建設中の弧曲線形箕面市牧落交番を掲載しましたが、完成稼働致しましたのでお知らせ致します。 交番繋がりで長岡京市役所前に建ってます長岡京交番、こんなフォルムで交番なんです。 さすが警官、いや景観に厳しい京都府です。
Main Image

パース作成しました

パース作成の勉強を始めました! 初めてまる一軒分のパースを作ったのですが、、、 進むのは時間ばかり。 やっと完成したので達成感に浸っています! お客様が新しいお家での新生活を想像するのに わくわくできるようなパースを作成できるよう、 これからも勉強がんばります(^^)!
Main Image

優秀フレーマー賞の受賞

先日、日本ツーバイフォー建築協会の総会で、優秀フレーマー賞の授賞式がありました。 全国で10名、関西では唯一1名で、福山住宅の専属工務店として、澤近建装 澤近棟梁が受賞されました。 10名の代表として挨拶して頂きました。 優れた技能を生かし今後も良い住宅造りと、後継者の育成にも貢献されますようお願いいたします。 本当におめでとうございます
Main Image

リフォーム工事計画

生駒市N様邸のリフォームを行いました。 1.現況図から台所~居間の壁(W900)撤去の上、構造補強をして天井を同一高さとし、開放感ある空間にしました。 2.トイレは、タンクレス+手洗いカウンターにし、介護にも対応するようにしました。 3.洗面脱衣は、窓を出窓にしてより開放感の有る洗面、脱衣になりました。 4.木製玄関建具塗装にリペア塗装を致します。 このリフォームで家造りの面白さ、楽しさを心から感じました。 設計を担当するものとして、自信ある評価ができる家です。
Main Image

お施主様思い入れの品

新築建物の造作の中には、以前のお住まいに使用されていた愛着や由緒ある御品を設置されたいご要望がある場合があります。 本日お引き渡しの大阪市O邸もホールと寝室の間仕切りに欄間を取付たいとの事で部材・納まりを考え詳細図を作成致しました。 現場の四方留め加工も綺麗に出来上がったようです。
Main Image

技能検定

ツーバイフォー工法の大工さんにも、国家検定である枠組壁建築の職種があります。 先日、実技試験があり、当社の大工さんも受験してきました。 当社の大工棟梁さんは、しっかりした腕を持ち、この検定試験に合格しています。 若い大工さんもしっかりと技能を習得し、立派な棟梁になってほしいですね。
Main Image

アイカ現代建築セミナー

「アイカ現代建築セミナー」は1983年からはじまり、今回のセミナーは、第60回 隈研吾氏の講演でした。 木造の建築作品の紹介も多々あり、興味深い内容でした。 当社軸組の家の構造材として梼原の杉材をしていますが、 その梼原町にも隈研吾氏の作品が4つもあり、その一つがこの梼原木橋ミュージアムです。
Main Image

平成26年度2×4工法の優秀フレーマー授賞式

昨年の2×4工法の着工戸数は、120520棟との発表でした。 その中で、全国から12名の優秀フレーマーが選ばれ、授賞式が、6月20日 東京日本都市センター会館でおこなわれました。 今年は、関西から姉川棟梁が選ばれ、授賞式に臨んできました。 今後も、より良い技術の研鑽と、後進の指導に当って頂きたいとのお言葉を胸に帰って来ました。
Main Image

お引き渡ししたお家です

ご無沙汰しております!樂設計室です。 今回は、先日お引渡しさせて頂きました、お家の紹介です。 御客様からは、耐震高気密の2×4工法で、開放感のある古民家チックに仕上げて欲しいと、なかなか難しい御要望。 杉の無垢フロアと構造梁を、オスモカラーのフロアーカラーの#3075のブラックで塗装。 これが、艶消しの古びた感じが出て、凄く御客様好みの仕上がりに。 壁も今回は色々見て頂いた中で、珪藻土を使用。良く使う漆喰のホワイトよりも、柔らかい感じとなりました。 正面のバルコニーへ続くサッシは、特注で開口幅は何と、4m! また、アクセントとなる2枚引込戸に、京都でその筋では有名(?!な井川建具店さんの建具を使用。 この建具に合うように、敷居鴨居を加工し、現場で先ほどのブラックに塗装。 この建具、流石に京都で古くから使われているだけあって、なかなかの存在感! このお家には、その他にもコダワリ所が満載です。
Main Image

トータルリフォームのお打合せ

こんにちは、まごころブログ の いしもと です。 最近お請けするリフォーム工事は、住み方を変えられることでのご相談が増えてきました。 ご家族の年齢と共に、新築でお求めになった時分とは、家族構成にも変化があり、増築ではなく、減築的なご相談です。 そのために、大きく間取り変更されますので、構造設計に精通している設計士にご相談いただいています。 写真は、新築の現場ではなく、トータルリフォームの設備等打合せです。 お施主様ご夫妻と、設計士、大工棟梁、電気・水道・ガス等の施工担当との打合せです。 建物は、当社が26年前に新築引渡しさせていただいた木造軸組工法の純和風のお住まい。 構造躯体に自信を持っているからこそ、今あらためて各材木を見て当時の施工技術に感銘します。
Main Image

近代建築の巨匠の作品が!

近代建築の巨匠、フランク・ロイド・ライトをはじめ、ミース・ファン・デル・ローエ達の作品がレゴで再現されているんです。
前のページ 01 次のページ
ページトップに戻る