福山住宅株式会社ロゴ

1967年創業 住宅8000棟の実績 大阪市の本格木造住宅メーカー
カタログ請求

お問合せ

ブログ


2×4住宅

HABITA

ゆすはらの家

リフォーム

福山住宅の家造り

現代の匠

お客さまの声

資金計画

土地から探す注文住宅


大工棟梁 三浦敏夫

大工棟梁 足立誠治

大工棟梁 澤近熊喜

大工棟梁 阿部元弘

断熱工事・アイシネン 中林秀行

基礎工事 下川浩二





断熱工事・アイシネン 中林秀行




プロフェッショナルとは

Windows
22.2Mb

Mac
17.1Mb

mobile
17.1Mb





アイシネン吹付け

Windows
31.6Mb

Mac
24.4Mb

mobile
24.4Mb








断熱材について教えてください

材料は2液なんです。 イソシアネートとレジンなんですが、 白いタンクが秘伝のタレみたいなやつです。 特許じゃないいですけれど、特許を申請すると、全部成分が公開されしゃうんです。 こちらがイソシアネートです。 樹脂です。 適当な温度にならないと、発砲しないんです。 これは温度管理が一番難しいんです。 ドラム缶の中、ホースの中、ガン先、これ全部循環させて温度を一定にさせるんです。 冬なんか温度温めるのに、 1時間ぐらい時間がかかっちゃう。
この中で液が止んないように、 攪拌させながらやっている。 このピストンで送りだしている。 循環させて。



断熱材としての性能は

断熱材としての性能と言ったときには、気密性をとるだとか、人体に悪いものを発泡させないだとか、環境に優しいといったことですね。
アイシネンていうのは、元々人体に優しくて、不純なものを使わないというコンセプトで作ってきた泡なんです。
硬質発泡ウレタンは。 元々鉄筋コンクリートのビルディングで使われていたウレタンを転化させて使っていて、内容的には。 ビル用のウレタンの素材を持ったまんま、なんとなく発泡させているという感じ。



硬質発泡ウレタンとは異なるのですね

アイシネンは発泡倍率が非常に高くて、100倍に膨れる。 100倍に膨れるってことは、密度が少ない。 密度が少ないってことは、発泡した後も縮まない。

国産ででている 硬質発泡ウレタンは密度が高いんですよ。 比重が重い。 発泡倍率も30倍とか50倍なんです。 言ってみれば詰まっている。 詰まっていると、木造住宅の木は収縮するのでクラックが入っちゃう。 そこからどうしても水蒸気が入っちゃう。

アイシネンは木の収縮にも追従するので、初期性能を維持できる。
そういうのは、実際に問題が起きてみないとわかんないから、安い住宅なんか。 福山さんのように、ちゃんとした住宅を造っている会社は、断熱材の性能をきちっと調べてアイシネンを採用していただいている。

福山住宅さんは、早くから発泡ウレタンで断熱することをやっていたんです。 5年ぐらい前に、これからの断熱を考えたときに、硬質の発泡ウレタン発泡は、ちょっと違うなっていうこともあって、アイシネンを採用していただきました。

断熱工事・アイシネン 屋根面と壁面への吹付けが完了したところ



断熱材についていろんな疑問点があったんですね。それを全部解決したのがアイシネンなんです。

10年間は、グラスウール入れておけば良かった。 福山さんはグラスウールに疑問を持たれ、ウレタン吹き付けを採用された。 その当時からすれば、福山住宅さんは進んでいた。 グラスウール以外の断熱材を考えている工務店さんは、いなかったです。

木造ですから、揺れるじゃないですか。 硬質発泡ウレタンは伸縮性能が無いんです。 強力な接着力があるんですけど、 揺れたときに断熱材が勝つんでやっぱ剥がれるんです。 アイシネンは揺れたときに追従するんです。 硬質発泡ウレタンは、元々フロン使って発泡させているんです。 性能がいいっていうのは、要するに泡の中にフロンが入っているわけなんです。 フロンっていうのは、空気と比べて熱伝導率が小さいんです。 だから薄くても断熱性能がいいんです。 ただこのフロンも、10年で3割抜けてしまうんです。 入っているものは必ず抜けていくんです。 抜けてってものはフロンですから、オゾン層を破壊してしまうので、使えなくなっていますね。



アイシネンは何が入っているのですか

アイシネンは中も空気なんです。 動かない空気なんです。 泡ひとつひとつが空気が入っている。 抜けても空気。 入っても空気なんです。
だから10年経っても性能が落ちないんです。
新築の家に住んで、3〜4年もすると性能が落ちてくるので、住んでいると解りますよ。

住宅で、 前衛的な工務店さんは、 グラスウールに比べたら、 アイシネンを採用していただいてます。 鉄筋コンクリートは、収縮しないので、追従性は必要ありませんが、 木造住宅の場合、 10年20年30年と、 劣化しない断熱材を採用されることは、重要だと思います。

国産でなんとかなんないのかということで、 軟質の発泡ウレタンの開発が進められている。 当然ですよね。 現在は、国産品が登場して価格訴求だけでやっている。 日本語がしゃべれない人が来てやってたりする。
我々は責任持って、 ちゃんとした施工をするんだという想いでやってますし、 営業はちゃんとやってるかどうか、 できているかどうか、 確認しながらやっています。 営業と施工と商品が一体となりながらやっています。



断熱吹付けの工期は何日でしょうか

30坪ぐらいの住宅を施工するのに、通常は1日ですが、福山住宅さんの場合は、床下にもぐって床裏まで吹き付けるので、施工に2日かかります。 あそこに開いている穴から入って、吹き付けます。 床裏までやっていることろは、あまりないんですよ。 技術的にすごく難しいから、こちらしかできないです。 技術的な問題もありますが、ちゃんと施工しているかどうか、信用できるかどうかということもあります。 やる方がちゃんとまじめにやるぞという意識がないと、床の中に入っていくわけですから。 床の中も、一定の断熱性能をつくる上では、大事なんです。 床合板の裏側を吹くんです。 床下を吹いてくれというのは簡単なんです。 やるのは大変なんです。 契約上は何ミリということになってますが、それより少ないと、お客さまを裏切ることになるので、5センチと言っても6センチは吹きますし、 壁の8センチも、10センチは吹いています。 たいやきのアンコといっしょで、お客さん喜ぶわけですよ。 お客さんが見てもね、安心されますよ。 満足していただくための住宅いうことでしたらば、ひとつひとつの積み重ねですよね。

断熱工事・アイシネン 工事用車両



アイシネンは、 住宅用の発泡ウレタンの中では、たぶん一番高いですよね。 値段が。
どこもコストダウンで試行錯誤したんですけど、硬質発泡ウレタンから、切り替えるときに、いろんな業者見たりしたんですけど、ひどい会社は、持ってくるサンプルと、現場がかけ離れて違うんです。 とんでもないですよ。
うわ〜これやったら ええなぁ とサンプルみて言うんですが、現場行って現場吹き付けてるの見たら、ええっ これまったく違うものじゃないですかゆうのがあったりして。 持ってる機材もなんか貧弱な機材でくるし。
アイシネンは、持ってくるサンプルと現場がまったくいっしょなんです。
これには正直驚いた。



アイシネンすごいですね

施工性能がよくなかったら、製品だめになっちゃうんです。 その信頼を勝ち得られるかどうかだけだと、それが大事だと思って教育している会社と、安いんだからといってやっている会社とでは、結果ね、ずいぶん違ってくるんだと思って、やってきたらね。 最近「全然違うね〜って言って」いいお客さんが着実に増えている。 安い材料使って、結露して、カビが生えて、体壊したら、安いこと何にもない。

断熱工事・アイシネン 工事用車両



中林さんはいつごろアイシネンにであったのですか

元々インテリアの会社にいたんですよ。 35年間ぐらい、そこでやって。
病院用のカーテンをリースで貸している会社なんです。 今日本中の会社で6割以上は、そこの会社がやっている。
そこの会社のいいところは、まったく新しい商品を見つけてきては、世の中に普及させる。 当時、今から15年ぐらい前になるんでしょうね。 カナダからそういう商材を見つけて。 日本には、まったくそういう製品がなかったので、日本に輸出して広げだした。
実はそこで、インテリアの会社辞めて、たまたまご縁があったんで「今後こういう商材があるから、設計とかそういう方々に説明してくれないですか」ということで、初めてやったんです。
その時は断熱材のだの字も、知らなかったのですが。



さすが、先見の明があったのですね

その当時から、話を聞いていると、今までなかった資材でおもしろい。 単純なきっかけですよね。 勉強すればするほど、日本になかったですから。 アイシネンの良さを、設計事務所さんや工務店さんに、説明しなければいけなかったんです。 その当時は、断熱材はグラスウール入れれば、いいということしかないですから。 その人たちは、まったくアイシネンに興味なかったんですけれど。 「これからはそうやな」っていう人たちがおって、その人たちといっしょになって、伸びてきたって感じですね。
努力してきたし。
最初の動機はほんとに簡単なもんで、まさかアイシネンで10何年間やってるとは思わなかった。

今では、震災の問題だとか、水に浸かった家が被ったとこ見ると、壊れたところに、断熱材が入っているんですけれど、グラスウールが、真っ黒なんですね。 カビだらけで。 本当に壁の中は、ちゃんとした物が入ってないと、入れてて、断熱で、水蒸気をシャットアウトするようなものでないと、カビが生えてよくないなと。

最近シックハウスはね、 解消したと思うんですけれど、 住宅を建てている中で、 快適な環境を持った住宅という考え方がでてきて、 快適な環境でないと、 そこに住む人の健康に影響してくるんですよね。
温度のバリアフリーがないと、お風呂から出てきてうっとなってしまったり、結構そういう話が多いし。

まだまだ、見た目だとか、外観重視にお金が行ってる。 それこそ、基礎だとか、土台だとか、温熱環境だとか、そういうところに、なかなかお金が廻らないんですよね。 そこは業者がコストを下げてやっている、ということだけをPRしてような家。 予算が予算だからしょうがないですけれど。 今のかなりいい家でも、30年ぐらい前に建った家は、温熱環境を、あまり考えられていないんですよね。 グラスウールが入ってますが、その時はそれが最新の断熱だったのですが。 今建っている安い住宅は、将来そういう問題を起しちゃうんですよね。 個性的でこだわる家は、120%の温熱環境と言わなくっても、この暑い夏をどう過ごそうか。 クーラー入れても全然効かないという時に、屋根だけ断熱材を吹き付けて、冬寒くてしょうがないという時には、床潜って吹き付けて、もう全然違いますから。 そういうマーケットはこれから、かなりあると思います。 我々も新築一辺倒じゃなくって、住んでる人たちが、快適環境をどうして求めるか。 そういうことをメインに訴えていく店があってもいいんじゃないかと。 なかなかないんです。


プロフェッショナルってなんですか

お客さんの要求を察知して、 そのお客さんに満足をしてもらえること。
なかなかないんです。
それを技術的にも、 商品知識的にも、 お客さんに解っていただき、 説明していくこと。
そういうことだと思います。

断熱工事・アイシネン 工事用車両の内部の施工機器類

断熱工事・アイシネン 中林秀行

ページトップに戻る

01

02

03

04

03

06



会社概要・経歴



会社案内図



スタッフ紹介



ZEH公表資料



Q&A



個人情報保護



お問合せ



カタログ請求



サイトマップ



Copyright (C) 2014-2017 fukuyama jyutaku All Rights Reserved