福山住宅株式会社ロゴ

1967年創業 住宅8000棟の実績 大阪市の本格木造住宅メーカー
カタログ請求

お問合せ

ブログ


2×4住宅

HABITA

ゆすはらの家

リフォーム

福山住宅の家造り

現代の匠

お客さまの声

資金計画

土地から探す注文住宅


大工棟梁 三浦敏夫

大工棟梁 足立誠治

大工棟梁 澤近熊喜

大工棟梁 阿部元弘

断熱工事・アイシネン 中林秀行

基礎工事 下川浩二





大工棟梁 足立誠治




プロフェッショナルとは

Windows
9.7Mb

Mac
7.4Mb

mobile
7.4Mb








15道具以上ありますね

現場でかんなを掛けることもある。
ツーバーフォーは、下から重ねて行くから、下手な大工さんがやったら、どんどんずれていく。
赤いクギは90mm。 長さによって色分けしてあるんです。 打ち込むでしょ。 打ち込んだら長さがわからなくなるんです。 検査とかで、色で何ぼのクギを使ったのか解るようにしてあるんです。 みんな指定されているんです。 決まってるんです。
ここは75mm、小口打ちは90mm、というように検査するときに色で全部解るように、くぎの種類で色分けしてあるんです。
これが75mm、これが60mm、緑が50mm、これが90mm。



釘はこのエアガンで打つのですね

エアガンで50m飛びます。 針金があるでしょう。 エアガンを持つと安全レバー。 釘のピッチも決まってますからね。 これがツーバイの基本的な釘ですわ。 いろんな釘があるんやけど。



大工さんになろうと思ったのはいつですか

大工を志したのが、16歳のときでした。
中学を卒業してからやな。 弟子入りして、4年間ぐらい。 それしかできんやろって思ったから。 大工しかないなと思った。 会社にも行かれんかったから。
生まれは大分です。 二人ぐらいおったから、同級生で紹介いうことで。 高度成長期の家と比べ、丈夫になってますよね。 金物なんかが増えました。

一番古いんちゃうかな。 昔は軸組でやっていて。 最初は、桃山台の現場をやりました。 150軒ぐらいの。

大工棟梁 足立誠治

大工棟梁 足立誠治

大工棟梁 足立誠治

大工棟梁 足立誠治・七つ道具



芸能人家も多かったですよね。 川中美幸さんの家とか、漫才師のアランドロン、中田カウス・ボタンの中田カウスさんの、歌手の芹洋子さん。 福山住宅のCMで歌ってもらったので、いまだに社長宛てにCDが出ると届きますよ。 毎日放送やったかな。 25〜6年前に。

吹き抜けは必ずやったから、階段の手すりも、これでもかというぐらいのが付いてましたもんね。
吹き抜けの家で、商標は取ってます。

最近吹き抜けが、少なくなってきましたね。 その吹き抜けをするために、通し壁が多かったですよね。 1階から2階まで。
昔は壁で持たせなけでばならなかったけど、いまは集成材とかいいものが出てきたので、別にそこで縁を切っても、また上からいける。 昔はそこに荷が掛かったりするので、壁を通しで一発で、やらなければいけなかった。

今でこそ、こういう吹き抜けだったら、集成材でボーンと入れて持つでしょ。 昔はそんだけの2×10を打破したり 10人でアンコして90にしたりするから、やっぱり荷重的には弱いんやな。 集成材がでてきて、集成材はムクったりしないからね。
そういう材質も変ってきたから、通し壁が少ないですよね。 福山住宅さんは、集成材を入れたりするのも、早かったですよね。 他と比べたら。
マグサは集成やもんね。 他のとこ使ってなくても、福山さんは使ってたもんな。



これって福山住宅が言い始めたのか、大工さんが言い始めたのか、どっちかな?
他社さんのツーバーフォー見に行くんですが、吹き抜けのこういうところに、ものすごい亀裂が入ったりしてますわ。 10年ぐらい経つと、構造の重さがかかるところに、微妙に力かかるでしょ。 そこがちょっとヒビが入ってるとか、塗り壁の家なんで、きちっとした材料使ってたら、ヒビが入らなかったりしたんでしょうね。 将来必ず出てくるんですよね。
やっぱ15年とか経ったやつは、うわ〜入ってますね〜。 そいういの見ると、 やっぱヘボい材料使ったらあかんなぁと思いますわ。

福山住宅の建物は、きちっとやっているから、意外と20年ぐらい経っている家にいっても、そういうのないでしょ。 そういうところが、福山住宅のいいところですもん。
現場に見学にくるお客さんを案内させてもらっても、そういうとこアピールしてますもん。 構造材が違うゆうて。 よそと。
そりゃお客さんとかでも、結局は、石膏ボード張ったり、仕上がってもうたら、解らなくなってしまうでしょ。 やっぱり、現場でした時に、たまたま構造材が見えているときには、構造材が絶対いいといいます。

大手のツーバイフォーは、ナンバーワンって言うてるけど、材料全然違いますね
こんなん言うたら、怒られますが、福山さんの20年前、30年前の材料でやってますもんね



それを職人さんから聞くとほっとします

それは間違いないね。 全然違う。 仕上がってきたら、 絶対解らないんですわ。 お客さんでも。
だから、現場の途中で、吹付け断熱してあったり、構造材を見てもらうときには、そこを見てほしい。
いろんなデザインするのは、どうでもできますやん。 長い目で見ていって、一生に一軒家を建てたときに、どこを想って家を買いはるんかかなので。
構造材は全然違うね。



20年ぐらいすると、目にみえて差がでてくるんです。 なかなか、新築の時の見積もりの高い安いのでいうと、お客さんはそこまで見てくれない。高い〜とか すぐいうんですよ。

そりゃしょうがないですわね。 いいもん使こてるわけですから。



そこを何とか理解してもらって、解ってくれた人だけが福山住宅の家を買ってくれる。 だからいい人が多いですよ、うちのお客さんは

床合板の厚いのも入れたのも、福山さん速かったですよね。 28mmですか。 よそはいまだに、15mm貼ってますから。 ここはその上に、30mmのパイン材を貼ってます。



この家収納がいっぱいあっていいですね。

凝ってますよ。 日当たりがよくて、ず〜っと日が当たってますよね。 日中は電気いらん。
いやほんまに、 構造とかいろんなお客さんに説明してたら、けっこう ぼんぼん行けると思うんですね。 けっこう反応いいですからね。 お客さん来たときにね。 たいがいモデルルーム行っても、いろんな家具がセットされて、ええように見えるけど、一番いいのは、現場の途中で、仕事のじゃまするから、あれや〜と思うねんけど。
こないして営業さん連れてきてもらって、ごっつい興味を持つし、けっこうよう来てはるし。 もう飛び込みやからね。



お客さんには、職人さんに会ってもらうようにしてるんです。 結局だから、会社の売りは職人さんなんです。 福山住宅は、いい職人さんが造っているので、無理してでも、職人さんと会ってほしいです。

よそは、工期、工期で、現場行っても、どの職人さんとしゃべったらいいかわからないくらい。 職人さんが、何人も入っていたりするじゃないですか。



職人さんが、4人5人入ってますよね。

立て続けにお客さんがいらっしゃるときありますから。 土曜・日曜は多いでしょ。 吹き付けの断熱を見てほしいから。 一番、石膏ボード貼る前ぐらいにきてほしいです。
このあいだちょうど暑いとき、お盆前だったか、たまたま、現場にきてもらって。 たまたまロフトがあって、小屋裏があって、小屋裏に頭だけ突っ込んでもらったら、暑くない。 不思議やって、ウレタンの断熱と、外側の断熱が。 上から下に降りたときに、お客さん「エアコン入っているのかと思う」っておっしゃってました。



光熱費も助かるし、口で言うより、体験してもらった方がいいですよね

昔なんか、 屋根に水まいて、1時間もおられんかった。 昼からなんて入れんもん。 いまなら、半日だっていられる。 小屋裏にボード張るときに、全然違う。



現場行って、うわ〜って感じですから

昔ベニヤを張るときは、目が痛くなった時は、シャレタ名前のボードや、って思って。 昔はホルムアルデヒドなんて、名前すらなかった。 目が痛い、涙出る。 目の前でレモン絞られた感じですよ。 やってられんよね。 ようあんな中で仕事してたなぁと思います。
大工棟梁 足立誠治




今の建材には、入ってますか。

この4つ星でないと、だめなんです。 白ボンドもね。 ホルムアルデヒドを使っていない表示ですね。 そやからこの床養生あるでしょ。 これもそうですよ。 建材もみなそうです。 昔薄い一分ベニヤで養生してましたよね。 それが凄い匂いしてました。



一番嬉しいときはどんなときでしょう

お客さんが喜んでくれるときが、一番嬉しいときですね。 お客さんの笑顔をみるときは、たまらんです。 大工さんでよかったなと思います。

大工棟梁 足立誠治



足立さんにとって、プロフェッショナルってなんでしょうか

やっぱり。
そうやなぁ。
なんちゅうんやろかな。
仕事に対して
いい加減な仕事をしたくないっていうことかな。

ページトップに戻る

01

02

03

04

05

06



会社概要・経歴



会社案内図



スタッフ紹介



ZEH公表資料



Q&A



個人情報保護



お問合せ



カタログ請求



サイトマップ



Copyright (C) 2014-2017 fukuyama jyutaku All Rights Reserved