福山住宅株式会社ロゴ

1967年創業 住宅8000棟の実績 大阪市の本格木造住宅メーカー
カタログ請求

お問合せ

ブログ


2×4住宅

HABITA

ゆすはらの家

リフォーム

福山住宅の家造り

現代の匠

お客さまの声

資金計画

土地から探す注文住宅


住宅購入資金の計画

資金シュミレーション

土地+建物+諸経費が4000万円の家 100万円値切ったところで知れています



2.8%の金利だと、35年後の最終返済額は約6280万円!

例えば土地+建物+諸経費が4000万円の家、これを4000万円で買えるのは、ほんの一握りの人です。
どんな人???
答えは、すべて現金で購入する方のみです。
ほとんどのお客様は住宅ローンを組みます。
仮に2.8%の金利だと、35年後の最終返済額は約6280万円!
普通の方は4000万円の家と2280万円の利息の合計の6280万円で購入しなければなりません。 左記のグラフは元利均等 金利2.8%35年払いの利息と元金のグラフです。 赤の部分が利息です。家の購入費以外に、こんなにも沢山の利息を払っているのです。 家を100万円値切ったところで知れています。仮に1%の金利値引きが適用されると、返済総額は5400万円。 880万円も安くなるのです! 現在1500種類を超えると言われている住宅ローンを詳しく知り、自分に一番マッチした住宅ローンを選ぶことが住宅購入大成功の必須条件なのです。

金利2.8%35年払い返済総額は6280万円 1%の金利値引きが適用されると 返済総額は5400万円 880万円も安くなる

一番の心配は・・・ 何といっても「お金」
・教育費は大丈夫か?
・老後の資金は・・・・
・そんなに大きなローンを借りる事が出来るのか?
・住宅ローンの支払いが家計を圧迫したら・・・
・払えなくなったら・・・・
・家のメンテナンス維持費用はどうなるの?

悩みは無限に続きます。
でも心配はいりません。


ご自身の適切な住宅購入資金を把握されている方は全体の1/3にすぎません

住宅購入は、ほとんどの方にとって、人生の中で最も高価な買い物になります。30歳で35年ローンを組むと、支払いが終わるのが65歳。人生の最も重要な時間の多くと、重なって過ぎていきます。
住宅を購入する以上、それなりの責任が伴うものですが、支払い能力以上の住宅を購入してしまい、ローンの支払いに追われてしまう方も、見受けられます。
ご自身の適切な住宅購入資金を把握されている方は、全体の1/3にすぎません。 全体の1/3の方が、ご自身が考えているほど、多くの住宅購入資金は使うことができず、全体の1/3の方は、ご自身が考えているより多くの資金を使って、住宅を購入できることができるのです。
資金計画を把握していれば、土地の場所や広さ、住宅の規模や仕上げを検討することが、とてもスムーズになります。 結果、住宅購入後も、安心して、暮らすことができるのです。

ファイナンシャルプラン・くらし実現指数

福山住宅ではライフプランを一番最初に実施しています

多くの住宅メーカーの場合、住宅の設計と見積もりが終わった後に、ファイナンシャル・プランナーと面会し、ライフプランを実施されています。それなりの時間をかけてシュミレーションをしていきますが、相談する前からお家を買っても「大丈夫」という結論がでているのです。
つまり、順番が逆なのです。
ライフプランを実施し、ご自身がどのくらいの住宅を購入していいものか、あらかじめ確認しておくことを先行して実施するべきなのです。


福山住宅ではライフプランを一番最初に実施しています。
資金計画に問題がない方はいいのですが、資金計画に支障をきたす方もいらっしゃいます。この場合、建てるエリアや規模などを再検討が必要になることもでてきますし、ご相談そのものを、保留にさせていただく場合もでてまいります。

ファイナンシャルプランナー






会社概要・経歴



会社案内図



スタッフ紹介



Q&A



個人情報保護



お問合せ



カタログ請求



サイトマップ



Copyright (C) 2014-2017 fukuyama jyutaku All Rights Reserved