Main Image

鉄骨階段詳細図

建物の基本構造は木造であっても部分的に納まり形状に適した鉄筋コンクリート造や鉄骨造を使用考案します。今回もシースルー階段で鉄骨階段の作成、鉄骨図・詳細図の作成を致しました。図面に現せない箇所は現場で棟梁が綺麗に納めて頂きました。 完成は3月19日松設計士のブログをご覧下さい。
Main Image

春の新商品発表会

3月後半から4月に入ると、住宅設備のメーカーさんの新商品発表会があります。 どの商品を採用するかは、担当者の厳しい選択と判断力が必要です。 良いものをよく見て、価額以上の価値ある商品を提供できるように努力の日々です。
Main Image

お会式

3月22日、本日は聖徳太子の命日だそうです。 その遺徳をたたえ、供養する法要として本日から3日間、国宝法隆寺ではお会式が行われます。 会場となる聖霊院は、法隆寺の創建者である聖徳太子を祀った伽藍ですが 普段は扉が閉ざされていて、このお会式の時以外は中を見ることができません。 ご興味のある方はぜひ足を運んでみてください♪
Main Image

新築物件ご紹介

ども!樂設計室です。 暖かくなって来まして嬉しい反面、花粉症が辛い季節となっておりますが、 皆さまいかがお過ごしでしょうか? 今回も御引渡しさせて頂きました建物のご紹介をさせて頂きます。 このお家も色々と御客様のこだわりポイントがございます。 外観は丸窓がアクセントの片流れですが、何とこの屋根、全面が太陽光パネルとなっており、10kW超の太陽光発電が載っております。 普通の太陽光パネルは屋根に穴を開けて留め付けますが、このお家は、Panasonicの機能屋根という穴を開けないで太陽光パネルを設置出来るという優れものの屋根を採用しております。(前面道路がもう少し広いと、屋根パネルの美しい納まりが見えるのですが・・・) 室内では、ますキッチン。 トクラス(旧ヤマハリビングテック)の人工大理石一体シンクのマンゴーオレンジが目を惹きます。 次はタタミコーナー。 堀込部に足が伸ばせるので、自然な姿勢で書き物が出来ます。 吹抜のあるリビングは明るく開放的。まだ無い壁掛テレビの下に、御支給品のリビングボードが壁に埋め込まれております。 ピアノ教室をされるご予定ですので、当然のように防音室がありますが、便所も御主人様と生徒さんの男の子が使うかもということで、小便器も併設しました。 外構は、ピアノ教室をイメージして、鍵盤をモチーフに・・・というか、まんま鍵盤にしてみました。 実際の寸法取りで調べていた際に気が付いたのですが、白鍵と黒鍵の位置って、各音階で違うんですよね。
Main Image

春を待つ

間取りを一生懸命考えて、思った通りの家になりました。 シンプルな外観が良くて・・・ 外壁にタイルでアクセントをつけたい等々・・・ 道行く人は、いったいどこを見ているのでしょう、 最初に目に飛び込んでくるのは、門や塀、それとも植栽? もしかしたら家の外観よりも、季節によって移ろう庭の草花や、お客様を迎えるアプローチが印象に残るのかも。 住まいのデザインを惹きたて、拘りを表現してくれる大事な要素が、外構工事ではないでしょうか。
Main Image

『お水取り』~奈良東大寺二月堂【修二会(しゅにえ)】

春の訪れを告げる年中行事として「お水取り」「お松明」という名で親しまれています。 12日の夜、本尊に供える香水を汲み上げる行事があることから「お水取り」の名が・・・。 また、「お松明」の名は、練行衆が二月堂に上堂する際、足元を照らす大松明で先導されることに由来します。 東大寺二月堂の本尊、十一面観音菩薩の宝前において行う悔過法要として、天平勝宝4(752)年にはじめられました。 今年で、1264回目を数えます。 期間中、午後7時の大鐘を合図に「お松明」に点火。夜半遅くまで、世界平和と人々の幸せを祈る行が行われます。
Main Image

アイシネン

お客様の現場に行ってみると、アイシネントラックが作業中! アイシネンは専門の技術者による責任施工です!
Main Image

大阪城の梅

風はまだまだ冷たいですが、光はずいぶん春めいてきました。 桜の季節が待ち遠しいですね。
Main Image

大阪市N様邸

大阪市N様邸の工事がほぼ完了しました。 お近くへお寄りの際には是非ご覧ください。
Main Image

古材

今回は、小屋梁の古材を再利用して和室造作を進めております。 本日は、1本目取付完了。 大工さん3人で持ち上げてやっと取付出来ました。 明日は2本目の取付です。 仕上がりが楽しみですね。
Main Image

春の訪れ

2015年もあっという間に3月に入りました! 昨年末から楽しみに見守っていたお花の蕾も ついに咲き始めました! 季節の変わり目、体調を崩さないように、 十分にお気をつけ下さいね。
前のページ 01 次のページ
ページトップに戻る