Main Image

新築物件ご紹介

ども!樂設計室です。 皆さま、風邪などひいてませんか? 私は10年ぶりくらいに、インフルエンザに罹ってしまいました。 御客様、協力業者様、社員の皆様、そして家族にと様々な方々にご迷惑をおかけ致しました。 この場をお借りしまして、お詫び申し上げます。 では、今回も先日お引渡しさせて頂きました、 物件のご紹介をさせて頂きます。 今回は準防火地域ながら、2階建ということで、『檮原の家』で、杉の木を見せる迫力のある内観に 仕上がっております。 まず、リビングは2階を載せずに平屋部分とし、檮原の家の醍醐味の勾配天井を活かした明るく広い空間にしております。 玄関は平面的に広くとれなかったので、居間と同じく勾配天井にして、空間を広く見せる工夫をしております。 和室の天井の仕上げは今回、檮原の家では初の試み!構造体の梁を少し見せながらも、網代天井風に天井を張りました。いかがですか?個人的には素敵な仕上がりになったと感じております。 主寝室の収納は、檮原真壁納まりならではの枠のない、壁一面のすっきりとしたクローク扉の納まりとなっております。
Main Image

恒例行事、堀川戎「お神楽~」

会社から5分の所に堀川戎神社があり、当然ながら毎年恒例で、会社で「お神楽~」してもらいに行ってます! 「商売繁盛、家内安全、お神楽~~」にぎやかな境内を抜け、 お宮の中で、巫女さんに舞っていただき、お祓いしてもらいました。 舞は美しく、鈴を鳴らしてお祓いしてもらうと、頭がすっきりして、なんだか目が開けたようなすっきりした気持ちに・・・ 今年も頑張ろうって心を新たにできました!
Main Image

初詣

1月2日の朝早く初詣に行って来ました。 写真は吹田市山田の伊射奈岐神社です 正月の積雪は珍しく記憶にありません。 今年もどうぞよろしくお願いいたします。
Main Image

完成しました

大阪市で軸組工法の家が完成しました。 お近くにお寄りの際は是非ご覧ください。
Main Image

トイレリフォーム

新年あけましておめでとうございます。 本年もよろしくお願い申し上げます。 今回のトイレリフォームは時間がかかりました。 大理石調の床と腰壁プラス、エコカラットを2種類組み合わせて仕上げました。 手間をかけた分だけ美しく仕上がりました。
Main Image

玄関の飾り付け

お客様の家に訪問しました。 無垢材の下足箱と吊り戸棚を設置され、ご入居されて8年が経過しましたが、玄関の飾り付けがとても素敵でした。
Main Image

もうすぐクリスマス

あっという間にクリスマスですね! 会社もクリスマスモードです(*^-^*) 皆様にもサンタさんが訪れますように。.:*・☆
Main Image

あたたかい駅そば

日に日に寒くなってくると、暖かいものがうれしくなります。 少し遠出するとき、やはり暖かいうどんやそばがより一層おいしくなりますね。 立ち寄った駅そば店で暖かい鶏天うどんをおなかに入れると身も心もぽっかぽかになります。
Main Image

いよいよ始まります!

解体工事がいよいよ始まりました!! 毎日、寒い日が続きますが 頑張って素敵なお家を完成させます!
Main Image

地鎮祭

11月29日(土)大安の日に地鎮祭をさせていただきました。 笛や太鼓が入り、荘厳なうちにも、明るくにぎやかに奉仕されていました。 雨も上がり、とても良い地鎮祭となりました。
Main Image

町中足湯!

伊丹市で土地を探していると、湯気が出ている不思議なスポットを発見! 近づいてみると足湯でした! 足湯が町中にあるなんて風流ですね♪
Main Image

置き傘、有難うございます

駅で見かける善意の傘、箕面市の牧落駅にも設置されています。 ここいら辺は突然雨が降り、市役所への往復に利用させて頂いて感謝感激雨アラレです。 京阪守口市駅の愛の置き傘は傘も傘立ても御洒落です。
Main Image

玄関リフォーム

11月に着工しました、豊能町Y様邸の玄関リフォームの現場です。 建物は、和風ですので玄関建具も木製欄間付建具で、 正面外部は、経年劣化(平成1年建築)で風化とカビによる 汚れた建具でしたが、建具工法も進歩しており、カバー工法で 内壁、外壁等を触ること無く新しい木目調アルミ建具にしました。 施工自体は、1日で完成できます。 防犯上も施錠は、2箇所出来、かつ、内部に網戸も取り付けてます。 是非、一度お住まいで些細な問題でも有りましても一度ご相談を 頂けたらありがたいです。 お待ちいたしております。
Main Image

省エネルギー対策への取組み

住宅省エネ基準の改正に基づき、住宅の温熱環境とエネルギー消費量の評価基準が新しくなり、来春から施行されます。 今までは、建物の断熱性能(断熱材の厚み)と窓断熱性能(サッシとガラス)の評価で性能の等級を決めていましたが、改正後はエネルギーの消費量(冷暖房、給湯器、照明器具、換気設備などの効率)や太陽光発電などの創エネについても一次エネルギー消費量を評価されます。 当社に於いても認定低炭素基準を導入し、CO2削減の一助を講じています。 認定低炭素住宅の認定から約2年経過しますが、戸建て住宅は9月末時点で全国で3464戸、大阪府で108戸ですが、当社の認定物件数は、1府2県で35戸、大阪府で32戸の実績で、大阪府に限れば、実に約3割が福山住宅の建物です。 CO2対策として、木造住宅の構造体なる木材はCO2を取り込み、また長期耐久性のある建物にすることにより、さらに低炭素化に貢献できると考えています。 原発事故以来、電力は火力発電に過大に転化し、CO2対策が薄れているようにも感じられますが、ハウスメーカーとして、一次エネルギーの消費低減と、創エネルギーの推奨を推し進めていきたいと思っています。
ページトップに戻る