安藤忠雄先生の本

先日、自宅の書棚を整理していたら、建築家の安藤忠雄先生の本が出てきました。
 KIMG0073

先生の本は何冊か持っているのですが、この本は、「安藤忠雄 住宅」という、数ある先生の作品のうち、住宅のみを特集した本で、「住吉の長屋」をはじめ、1971年から2010年までの全作品リストが掲載され、先生の住宅設計の考え方、発想がまとめられた本です。

KIMG0076

面白いのは、「施主からの手紙」が何通か掲載されており、施主との紆余曲折、感謝の気持ちが伝えられている点です。
しかも、ご本人のサイン本!! (サインと共に描かれたイラストは、住吉の長屋ですね。)
ミーハーな私は、ご本人を間近にし、あのダミ声とオーラに圧倒されつつも、握手していただいたことを思い出しました。

KIMG0079


先生の住宅というと、やはり、鉄筋コンクリートの打ちっ放しということで、
住まい心地はどうなの? と思うこともしばしばですが、同じ住宅設計に携わる者のひとりとして、いつまでも注目し、尊敬する偉大な建築家です。



ページトップに戻る