新築物件ご紹介

朝夕とだいぶと過ごし易くなって参りましたが、
皆さま夏のお疲れなど出ておりませんでしょうか?
樂設計室です。
 
さて、今回も先日お引渡し頂きました、建物をご紹介させて頂きます。
今回は、箕面の山手の傾斜地に建ちます、2×4工法の建物です。
家も最高ですが、山手なので、眺めも最高です。
眺め

外観も特徴的な円筒の形が目を惹きます。
四角い箱のイメージの2×4工法でもやり方によっては、このような形も十分に可能です。
今回は特に、外壁吹付をトラバーチンという吹き方にして、更に目地を馬目地(破れ目地)に入れて、
大判の石を積み重ねているような仕上がりとしています
R外観

室内に目を移しますと、2階リビングは片流れの勾配天井で高さ方向にも広く感じます。
左手前端には小上がりの御主人様の書斎スペース。
右には、既成品のTVボードの上に造作で化粧壁を造り込み、間接照明をあしらっております。
左奥には、猫ちゃん用の階段が互い違いに壁から突き出ており、変化のあるリビングとなっております。
リビング

このリビングはダイニングとは段差をつけまして、30cmほど落とし込んでおり、ここでも変化が楽しめます。
また、その段差も波打つR状の階段と、先ほどの外観の円筒状のRとのラインが繋がり、
角張ったリビングではなく、柔らかなイメージとなります。
リビング (1)

なので、リビングからダイニングを見るとこんな感じです。
リビング (2)

キッチンにははPanasonicのシステムキッチン/リビングステーションが鎮座します。
奥の食器棚や冷蔵庫のスペースは半透明の引違建具で、生活感を無くしております。
上部のコーブ照明(間接照明)も全体に品と広がり感を与えてくれます。
キッチン

トイレも間接照明で、雰囲気があります。
(この写真は間接照明のみ点灯で、主照明は消しております。)
トイレ

和室も間接照明と、御客様とこだわり抜いた壁の素材感が素敵に納まっております。
床も光ってます!
和室

最後に、玄関もRの框が空間の変化と広がり感、そして高級感を与えてくれます。
床も、挽き板のスカンジナビアンリビングのフローリングが、美しく綺麗な納まりを見せます。
玄関
まだまだ、見せ場がありますが・・・今回はこの辺りで失礼致します。
長文ご覧頂き、ありがとうございました。

ページトップに戻る